ボーターズ ニュース 中古艇 博物館 ショップ 動画

ボート業界の広報部 ボーターズNEボート業界の広報部 ボーターズNE

HOME >

NEWS一覧

>

記事

【ヤマハ】船外機V6シリーズを新発売!最新操船制御システムに対応
2021年04月15日 (木) 15:00

ヤマハ発動機株式会社は、V型6気筒(V6)、排気量 4,169 cm3のパワーユニットを採用した船外機のニューモデル「F300F」「F300G」「F250N」「F250P」「F225J」の5機種を2021年6月に発売すると発表しました。

船外機のニューモデル

今回のニューモデルは、2010年に市場導入して以来、世界中で使用されてきた従来モデル「F300B」をベースに、最新モデルのフラッグシップ「F425A」の技術、デザインなどを取り入れて開発。 また、「内蔵型電動ステアリングシステム」(対象:F250NおよびF300F)の採用により、様々な海洋状況においてスムーズで快適な操縦性能を実現します。カラーリングは従来のグレーに加え、パールホワイトを設定しています。
「内蔵型電動ステアリングシステム」を採用したF250NとF300Fでは、操船制御システム「HELM MASTER EX(ヘルムマスターイーエックス)」との互換性を確立。組み合わせ次第で、オートパイロット(自動操舵)によるコース維持、方位維持、ジョイスティックによる操作などを可能にします。
詳しくは下記リンク先よりご確認ください。

HELM MASTER EX

情報元:ヤマハ発動機株式会社

(編集部:小田)