ボーターズ ニュース 中古艇 博物館 ショップ 動画

ボート業界の広報部 ボーターズNEボート業界の広報部 ボーターズNE

HOME >

NEWS一覧

>

記事

新着!フルノスタイル~魚種ごとの反応~【マアジを追う Vol.8】
2020年10月30日 (金) 12:00

魚に逢うためのヒントをフルノフィールドテスター小野信昭氏が解説する、 フルノスタイル「魚種ごとの反応~魚に逢いたくて」。今回は魚探でその姿を捉えやすい 「マアジ」 がターゲットです。この魚探画像からどんなことが解り、どんなことが推測できるでしょうか?

マアジを追う Vol.8

この画像からは、以下の情報が得られます。

・水深38.6メートル
・海底底質はMUD(泥)やRCKS(岩)である確率が高い
・海底から約7メートルの範囲までに魚群反応がある

魚群反応の正体はマアジです。低周波(画面左)側では魚群反応が連なっていますが、高周波(画面右)側では魚群反応が途切れています。このことから、マアジは一か所に留まらずに回遊していることが推測できます。付近に高根がなくプランクトンが滞留しにくいため、この辺りはマアジが留まりにくい地形のようです。このような条件で釣果を上げるポイントとは…?

身が薄めのマアジは、たくさん釣り上げて存分にその美味しさを味わいたいですね。脂の乗ったアジはお刺身はもちろん、大葉などの薬味と一緒にたたいて「なめろう」にするとご飯のお供にピッタリ。 炊き立ての新米に、新鮮なアジのなめろうをたっぷり乗せて頬張りたいです!

情報元:Furuno Style:魚探を使った釣りの楽しみ方

(編集部:長江)